deCo..boCo..

でこぼこな人生。もっと楽しく…。

費用の安さに騙されるな!悪徳業者の闇に迫る。~会話を録音してみた~【拡散希望】

f:id:nishi244455666:20170920133858p:plain

3月や9月は新生活のスタートや人事異動などの影響で

全国各地で大勢の方が『引っ越しを行う時期』と言われています。

引っ越しのニーズ(需要)が高まると、業界は繁忙期となり費用も高くなってしまいます。

可能な限り、費用を抑えて引っ越しをしたい…。

こんな風に感じてしまうのは、至極当然のことと思います。

今回は引っ越しの際に注意するポイントを、筆者の実体験を交えてお伝えしていきたいと思います。

私の様な被害に遭う方が少しでも減れば…と願って。

繁忙期は料金が高い…。

引っ越しに限ったことではないですが、

需要が高まることで、価値が上がり価格も上昇します。

繁忙期とオフシーズンの料金を比較しているサイトでは次のように記述されています。

引っ越し人数 オフシーズン 繁忙期
単身 ¥45,511 ¥73,355
2名 ¥76,884 ¥139,343
3名以上 ¥87,263 ¥174,171
全体 ¥62,314 ¥113,332

単身の引越しでは、オフシーズンの平均が¥45,511なのに対して、繁忙期は¥73,355と、料金は1.6倍になっています。

引越し繁忙期の料金はどれくらい違う?|引っ越し見積りサイト【引越し侍】

このように大手引っ越し専門業者の繁忙期の費用は、消費者にとって大きな支出となることと思います。

『出来る限り、安く済ませたい…。』

と考える方にとっては悩ましい問題でしょう。

便利屋という存在。

皆さんは『便利屋』と言う言葉をご存知でしょうか?

便利屋とは名前の通り、特定の専門業種ではなく 様々な雑事の代行業務を行うサービス業者の事です。

具体的には

  • 家庭内の掃除
  • 家具の移動
  • 庭の手入れ
  • 不用品の回収

など例を挙げればキリがないのですが

当然単身の引っ越しを扱う会社も存在します。

便利屋による引っ越し 

前述したように大手の引っ越し業者は繁忙期になると値段が高くつきます。

(本記事における大手の業者とはTVのCMなどで一般に広く知られている業者を指します。)

一方で便利屋は往々にして費用が安く済むことがメリットとして挙げられています。

『出来る限り、安く済ませたい…。』

『大手の業者は、しばらく予約でいっぱい…。』

と困り果てている人にとっては魅力的にすら感じる事と思います。

ですが、軽い気持ちで利用してしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません…。

悪徳業者の闇~実体験を交えて~

ここから先は筆者の実体験を元に記事を書きすすめて行きます。

YouTubeにアップした動画も埋め込んでありますので、お時間がある方はご視聴ください。

依頼までの背景と補足

筆者はとある事情により、引っ越しをすることになりました。

費用を安く済ませたい私は

  • 小さなものは自分の車で運搬
  • 大型家具はセ○ンドストリートに回収・買取を依頼

順調に引っ越しは進み最後に残ったのが、大型の冷蔵庫でした。

当初は売却予定でしたが、近所に住む親戚の女の子(以下、A子とする)が

「売るならば、譲ってほしい」と話してくれたこともあり

  • 業者への依頼
  • 業者に支払う費用の支払い
  • 運搬を行う日時の調整

これらの全てをA子が行うという条件で冷蔵庫を譲る事にしました。

f:id:nishi244455666:20170920144841p:plain

(プライバシー保護の為、業者名や関連情報を伏せて掲載しています。)

A子は実際に電話連絡をし、日程を調整していたようですが…。

筆者は受け身になり、伝えられた日時を待っていれば良いと思っておりました。

これが全ての惨劇の幕開けになるとも露知らず…。

依頼日当日

2016年9月24日の19時頃

大手の引越業者が来るであろう』と思っていた私の家に

30代の無愛想な男と20歳そこそこの若い兄ちゃん

の2人組が我が家を訪れました。

会社名を言っておりましたが、今まで聞いたこともない会社名に不安が募ったことを思い出します。

先の画像に記載のある『現地の状態に関するお伺い』はなされないまま、業者は淡々と作業を進めていきました。

異様な空気に気付いた筆者は、残っていたノートPCを開き会社の情報や、悪徳業者被害について調べ始めたのですが、

時すでに遅し。

冷蔵庫が大きな音を立て、右に左に揺れ、次々と家の中が傷ついていきました。

f:id:nishi244455666:20170920150302j:plain

玄関の縁の部分。傷どころかえぐれてしまっている。

f:id:nishi244455666:20170920150417j:plain

シューズロッカーのドアの取っ手にも擦り傷が…。

f:id:nishi244455666:20170920150652j:plain

当然冷蔵庫も傷だらけでした…。

業者とのやりとり(動画あり)

結局業者はこちらの制止も聞かずに、強引に冷蔵庫を搬出。

多くの傷や破損の件には一切触れず

搬出作業が終了したので、A子さんの所へ行くんで。」と妄言。

当然、筆者としても黙ってはいられませんでした。

ここからのやり取りはボイスメモを録音しておいたので、ご視聴ください。

(お断り)

本動画には、業者の方の暴力的、または威圧的な表現が多数記録されています。苦手な方は視聴をお控え願います。(所要時間:8分23秒)

【実録】頭の弱い悪徳業者 Part①

業者の対応に関して

f:id:nishi244455666:20170920161953p:plain

業者HPのQ&Aのページより。違和感しか抱けない。

『しっかり対応の~』

『笑顔で礼儀正しい~』

などと接遇に関して謳われておりますが…

動画を視聴した方は、ご承知の通り笑顔もなければ礼儀もない。

むしろ威圧的、脅迫的 な不愉快極まりない対応でありました。

一体どのような研修を社内で行っているんでしょうか…

全く納得のいかない料金提示

f:id:nishi244455666:20170920162630p:plain

全く納得のいかない料金提示

日時の調整については当方の予定を考慮こそしてくれましたが、

小見出しの2番目。

室内等、傷をつける事はございません

…。

いや、バッチリついてますけど笑

人間の手で行う事ですから、ヒューマンエラーは必ず起きると思っています。

100%傷をつけないなんてことはあり得ません。

本来この項には『万が一傷が付いてしまった場合の補償や対応』について明記されるべきだと感じていますが…。

作業を行う前に、この業者について調べホームページを見ておきたかった…。

後の祭りですがね。

追加料金に関する主張

f:id:nishi244455666:20170920163839p:plain

 動画の中で作業員は

「作業を止めているから」

「聞いていない作業で割に合わないから」

などと理由を付け、割増請求にあたる発言をしていましたね。

f:id:nishi244455666:20170921193916p:plain

もうこれ以上はかける言葉も見つかりません…。

消費者側の姿勢に関する指摘

f:id:nishi244455666:20170921193402p:plain

業者のホームページでは『作業中は現場を離れていても大丈夫』と明記されております。

作業中、筆者は無名の会社であること、作業員が軽装で現れたことに対し不信感を抱きノートPCで情報収集をしていました。

f:id:nishi244455666:20170921193726p:plain

ですが業者側は、私のその姿勢を指摘し自らの責任を逃れる言い回しをしてきたのです…。

費用の安さに騙されるな!

作業の技術、作業員の接遇、嘘偽りしかないホームページ

これらを見て皆様は何を感じたでしょうか?

便利屋の安さの裏側には杜撰な管理や営業体制が隠れている場合もある事を覚えておいて欲しいです。

もちろん全ての便利屋を否定している訳ではありません。

確りと安心安全なサービスを提供している業者もいるのでしょう。

世の中うまい話には必ず裏がある

などと先人は言いましたが、

今回筆者は身をもって体験する事が出来ました…。

この話にはまだ続きが…。

実は今回動画としてご紹介したのは音声データの一部です。

その後A子の家へ冷蔵庫を運んだ業者は、

その技術力不足故に『冷蔵庫を家に入れられない』と主張し、

再び筆者の家に冷蔵庫を持ってきたのです。

それもアパート共用の駐車スペースに投げ捨てるように…

投げ捨てられた冷蔵庫と料金の支払いについて

筆者と業者がもうひと悶着する動画も公開予定ですが、

編集に時間がかかると思いますので、興味のある方は是非

当ブログの読者登録をして気長にお待ちいただければと思います。

おわりに。

今回の件を受けて筆者はたくさん不愉快な思いもしましたが、多くのことを学ぶことが出来ました。

引っ越しを考えている方もそうでない方も

出来る限り多くの方と、この体験を共有したいと思っています。

最後に皆様にご協力をお願いしたのですが、

私と同じように感じた方はツイッターやフェイスブック等のSNS、グーグルプラスやはてなブックマークで拡散し、被害者を減らす支援をしていただければと思っています。

 

このような被害に遭う方が少しでも減れば良いと願って、今回の記事とさせていただきます。

次回へ続く。(下に読者登録のボタンがあります。)